前々回の和歌山新報での記事掲載に続き、平成26年7月18日(金)付けの毎日新聞和歌山地域面にて「津波に耐える円筒型公園 タジマ工業 地元企業と共同開発」の見出しでホープヒルズの記事が掲載されました。

“防災性に優れたスリットウォール工法の技術や長年培った土木の経験と知識を、津波の脅威から住民を守る為に活かしたい” 
弊社社長・田中によるホープヒルズの誕生経緯などが紹介されております。なお、写真のホープヒルズ1/10モデルは現在 弊社 北島工場 にて一般公開中です。どなた様にもお気軽にご覧頂けるよう、道路からも見やすく展示しておりますので、お近くにお越しの際には是非ご見学下さい。社員一同、皆様のお越しをお待ちしております。
コメント
コメントする