お正月の松飾りも取れ ようやく通常の生活に戻り、
弊社でも年始第1号となる工事物件がスタートしました。
 

◆甲斐ノ川の災害復旧工事(和歌山県田辺市龍神村)◆

上写真のブルーシートに覆われた部分が鋼製スリットウォール建設予定区間です。


当現場は弊社でも特殊な設計例の1つで、上写真のように
正面壁は 鋼製スリットウォール枠型(5分壁 写真手前)
両サイド妻壁鋼製スリットウォール網型(直壁 写真奥)という、
2つの工法を組み合わせた設計となっております。
 

「現場の状況」「必要な強度」「適切なコスト」etc…
鋼製スリットウォール工法は、壁面材と補強材の多彩なバリエーションと組合せによって、現場から求められる様々な条件や要望に柔軟に対応し、最適な製品をご提供しております。

◆当現場による組合せ例◆

・1層目補強材:鋼製スリットウォール枠型(盛土中)
・2層目 〃 :鋼製スリットウォール網型(盛土上面)
・3層目 〃 :(以下繰返し)
このように、同一面で補強材が干渉しないため、
作業性を低下させず より高い補強効果が期待できます。

また、当現場作業員の方々からは
「えらく頑丈そうな壁面だね!」
「縦のチェーンに横筋も入るのか、こりゃー強いわ!」
「補強土壁は色々やってきたけど、これは作業性がいいね」
等々、現場でのお喜びの声を多数頂いております。

現場でも大変ご好評頂いている「鋼製スリットウォール工法」の採用をご検討賜りますよう、
何とぞ宜しくお願い申し上げます。

コメント
コメントする