今回は、弊社の主力商品の一つである 鋼製スリットウォール網型 の最新施工実績より
撮影条件の良い現場をピックアップし、完成状況を幾つかご紹介したいと思います。


〆邏汎傘鄒鄒改良工事(和歌山県中辺路町)





壁面積:70.24
壁 高:  6.0m
勾 配:   3分
(コメント)
天端のバックマットを直角に折り曲げて固定されているなど、非常に丁寧
な施工で美しく仕上げられています。


⇔啼蚕价線開設工事(和歌山県北山村)


↑やや離れた場所からの全景



↑壁面直下より

壁面積:273.59
壁  高 : 12.67m
勾   配:    1分
(コメント)
比較的壁高が高いタイプの設計ですが、丁寧な施工によって通りも綺麗に
出ており美しく仕上げられています。


コモ谷土砂処分場仮設道(奈良県下北山村)


10月2日のブログにて施工開始時の様子をご紹介した現場です。




壁面積:170.34
壁  高 :   5.9m
勾   配:        3分
(コメント)
ご覧の通り、最大R15〜最小R3.9の、ほぼRの集合体の様な形状ですが
鋼製スリットウォール網型では、4種類のパネルを組み合わせる事で施工
を可能にしています。

以上3つの現場をご紹介しましたが、来春以降にはこれらの緑化状況を調査し当ブログでご報告させて頂く予定です。

尚、今後の新規物件として、1月初旬にコモ谷土砂処分場(奈良県)にて鋼製スリットウォール枠型の施工を控えており、こちらの様子も随時お伝えして行きたいと思っております。

今後とも 補強土擁壁「鋼製スリットウォール工法」を宜しくお願い致します。
 
コメント
コメントする