早いもので、年が明けて1月の半ばを迎えました。
今年初めてのトピックスをご報告したいと思います。

去る平成28年1月13日(水)、和歌山県の中辺路森林組合にて森林作業道作設研修会が開催され、県内の林業普及指導員様、及び森林組合作業員様延べ40数名が参加されました。

昨年、同組合による発注工事(作業道猿川線改良工事)で施工した弊社の鋼製スリットウォール網型の作業性や出来形の良さが認められ、林道や作業道にも適した工法であるとのご推薦を頂き、弊社社長および社員3名を今回の研修会にお招き下さり、自社の工法についてご説明させて頂く機会を賜りました。



↑冒頭では、中辺路森林組合 代表理事組合長の岡上様からご挨拶があり、徹底した現場主義とコスト管理・意識の重要性について語られ、地元林業の発展に注ぐ熱い情熱に強く感銘を受けました。



↑続いて、現在開設工事中の現場へ。
こちらでは作業道工事での効率的な測量方法などについての説明や、岡上組合長と参加者の方々との質疑応答が交わされました。
日頃の運動不足か現場に不慣れないせいなのか、林業の大変さをひしひしと痛感するとともに、身を以て現場主義の重要性を実感しました。




↑こちらは冒頭で述べた作業道猿川線の弊社鋼製スリットウォール網型施工現場での見学の様子です。
弊社工法の設計の特徴や他工法との違い、そして本工法ならではの利点についてご説明させていただきました。

林道や作業道の建設に於いては、一般県道とは異なり、
.灰好般未蚤臺儻靴靴ぁ
幅員が狭い(=必要な掘削長の確保が難しい)
など、条件面が非常に厳しいというのが現状です。
鋼製スリットウォール網型は上記の問題点をカバーし、林道や作業道の作設に適した補強土擁壁工法です。

スリットエンジ株式会社は、県内に本社を置く唯一の補強土擁壁メーカーとして、地域産業の振興と発展にお役に立つよう社員一同精一杯努力を尽くして参りますので、今後とも変わらぬお引き立てを賜りますよう何とぞ宜しくお願い致します。
コメント
コメントする